Thermo Shapeサーモシェイプ

新型サーモシェイプ

サーモシェイプ(高周波)は、先端の特許技術により皮膚組織内の水分子が電子レンジの要領で、皮膚組織内で熱を発生させる事により体内温度を上昇させ、脂肪を溶解していきます。
熱が発生すると、血液・リンパの流れが促進され、酵素の働きが活発化します。
脂肪溶解だけでなく、皮膚のたるみを引締める効果も高く、引締めながらサイズダウンが可能です。
効果には個人差がありますが、効果と持続性が高く人気のマシンです。

皮膚組織内で熱を発生させる事により体内温度を上昇させ、脂肪を溶解していきます。

サーモシェイプ

サーモシェイプとは

人間の身体は栄養素をエネルギーとして蓄えておくことはできません。
そのため、必要な時にエネルギーとして取り出せる様に「脂肪」という形で蓄えているのです。
サーモシェイプはラジオ波の作用によって肌表面ではなく、皮膚を深部を加熱して脂肪をエネルギーとして消費します。
同時に肌にハリを与え、脂肪の減った部分の皮膚を引き締めます。

組織が異なると抵抗値も異なる。
各組織に同じ電流を流した場合、抵抗値(オーム)が大きいほど大きな熱が発生します。
「サーモシェイプ」はこの熱を利用しています。

サーモシェイプ

脂肪への効果 ~減少~

  • 脂肪減少 ⇒ サイズダウン

  • 血行・リンパの循環促進 ⇒ 酸素供給・老廃物の排出促進
  • 酸素の働きの活性化 ⇒ 脂肪分解促進

コラーゲンへの効果 ~引き締め・増加~

  • コラーゲンへの効果 ~引き締め・増加~

  • コラーゲン線維を加熱 ⇒ コラーゲン線維の引き締め
  • 繊維芽細胞を活性化/新陳代謝の促進 ⇒ コラーゲン線維の増加

サーモシェイプの工程

  1. カウンセリングにより、サイズダウン及びリフトアップしたい部分を検討します。
  2. 専用オイルをトリートメント部位に塗布します。(ハンドピースの動きをスムーズにします)
  3. ハンドピースを動かしながら高周波を照射し、肌深部の温度を徐々に上昇させます。
  4. 肌の温度を41~42℃まで上昇させ、60秒間以上温度を維持します。(肌の温度は随時スキャンします)
  5. トリートメント終了後は、保湿・鎮静します。

トリートメント可能部位

サーモシェイプ
  • 背中
  • ヒップ
  • 下腹部
  • 二の腕
  • ウエスト(腰~脇腹)
  • 太もも(前面)
  • 太もも(後面)
  • ふくらはぎ
  • ひざまわり・・など

同じ施術箇所については、2週間に1度(3~6回・1クール)の施術が効果的です。
違う施術箇所であれば、翌日の施術も可能です。
1クール終了後も継続的に結果が続きますが、維持の為に6カ月に1度の施術をおすすめします。