イベントスケジュール

12/17(日)

FRE$H

2017.12.17(SUN)

13:00-19:00

ENT:¥1,500

 

ACT

Release Live

KAICHOO

Human Beat Box

太華

DJ

SHUN

Mista Donut

B-QUICK

NE-NYO

Osman

DOMMY

 

 

 

11/25(土)

HH

2017.11/25(sat)

23:00-1500yen/1d

[RESIDENT]
DJ JET SONIC
DJ MAS aka SENJU-FRESH!

11/21(火)

TOP OF THE GRASS

2017.11/21(tue)

20:00-

ENTRANCE FREE

GUEST DJ

WANG-GUNG

オークダーキ

DJ

cabbage boy

LETTUCE-CHANG

11/22(水)

Parade 〜Parade 2nd MIX CD『Friday Night, Saturday Morning vol.2』Release Party〜

2017.11/22(wed)

2000yen/1d

21時まで1000yen

DJ 西村道男

ヒサシ the KID

タイラダイスケ

佐々木健治

*FOOD ミンキッチン

11/26(日)

Soi48 Vol.25 Alexandra Atnif & GRIM Live

2017,11/26(sun)

OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

2017年最後のSoi48パーティーは、締めくくりに相応しい、刺激たっぷりのイベントに!『TRIP TO ISAN』の出版締め切りに追われた2017年の春によく聞いていたのがルーマニア出身の女性音楽家ALEXANDRA ATNIF。Soi48パーティーに呼びたいと考えていたら、今回ついに来日が実現することになりました。USのDJ、インディー・アーティストの間で話題沸騰の彼女のライブは必見&2017年に体験しておかなければならない音だと断言します。そして今回、日本の生ける伝説GRIMも招聘。ライブを体感した時これほどSoi48パーティーにしっくり来るアーティストがいたんだ・・・と開眼し、即オファーさせていただきました。『境の石投げ踊り』のリリースが間近の俚謡山脈を筆頭に、いつものSoi48DJ陣がパーティーをサポートします。歌舞伎町の地下で凄い体験ができること間違い無し!ご来場お待ちしております!
■LIVE
ALEXANDRA ATNIF(ROMANIA)
GRIM

■DJ
KOICHI TSUTAKI
俚謡山脈 (MOODYAMA & TAKUMI SAITO)
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY

Soi48 (KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)

ALEXANDRA ATNIF(ROMANIA)
ルーマニア出身で現在はLAを拠点とするアレキサンドラ・アトニフは、建築様式「ブルータリズム」にインスパイアされた音楽「リズミック・ブルータリズム」を提唱。これまで各国のレーベルからカセットをリリースし、昨年、自主制作CD『Rhythmic Brutalism Vol.1』を発表。高額な機材を一切使わず、フリーウェアを駆使して生み出した、正に剥き出しのコンクリートのごときビートと装飾を削ぎ落としたトラック群は、エスプレンドー・ジオメトリコら偉大なる先人たちを彷彿とさせる凄み漂わせる。ミニマル・テクノの機能性を保ちつつ、クラブ・ミュージック通過後のノイズ/インダストリアル・ミュージックが失ったヴァイブス、凶暴性を感じさせる唯一無二のサウンドは、既存のインダストリアル・テクノとは一線を画している。

GRIM
小長谷淳 (GRIM)…
1984 年より、後にCo/SS/gZ (COPASS GRINDERZ)を結成する名越由貴夫と共にWHITE HOSPITALを結成し、1985年より活動を開始。初期SPK、CABARET VOLTAIREなどのインダストリアル・ノイズ+パワー・エレクトロニクス的アジテーション・ヴォイスの初期、そして後期の暗黒フォーク路線と当時とし ては異端のスタイルを確立した重鎮的存在。2009年頃から単発的にライヴ活動を再開、2016年には『ORGASM』そして2017年には『DISCHARGE MOUNTAIN』をリリース。

Alexandra Atnif [ Rhythmic Brutalism Vol. 1 & 2 ]
“Rhythmic Brutalism” is the title of this release, available as a double CD set or two separate 12″ vinyl LPs; the title is also a very apt description of the music itself. Romania-born Alexandra Atnif is fascinated by the harsh, grey concrete beauty and minimally repetitive force of the brutalist post-war architecture of her homeland, and this fascination has given rise to the music here. Vol. 1 is an EM Records edition, compiled from an earlier self-released double CD featuring recordings from 2014-15. Vol. 2 consists of previously unreleased recordings from 2015 to 2017. Using elemental, inexpensive technology, Atnifs music is heavy and harsh, stripped down to distressed skeletal frameworks, rhythmic noise, rusting metal and weathered concrete, a distorted DIY realization of her beautifully brutal vision. With a background in European modernist/avant-garde music, Atnif has been influenced by early rhythmic industrial music such as Throbbing Gristle, Esplendor Geometrico and Muslimgauze, as well as later practitioners of rhythm and noise including Pan Sonic, Autechre, Winterkälte, Prurient and Scorn. Across the relatively brief span of years contained within these two volumes, we hear the rhythmic structures begin to fracture and fray, and the outlines darken and become more obscure, with Antif’s sensibility evident throughout.

GRIM
GRIM is one-man power electronics /noise project that was lunched by Jun Konagaya from 1980s.Currently, GRIM is developing works of ritual music focusing on the fusion of the baby and the electronics.